女の人

二重整形で理想の目元~パッチリアイメイク~

顔の第一印象

美容整形

華やかな目元に

初対面で会う人の第一印象は顔でほぼ決まってしまうといわれています。その顔のパーツの中でも、印象に残りやすいのが「目元」です。美しい二重は華やかな印象を与えてくれて、憧れる方も女性、男性問わずいらっしゃるのではないでしょうか。いまでは、さまざまなアイメイク用の化粧品や二重用コスメキットが売られており、比較的簡単に二重を作り上げることができます。ですが、デメリットとしてメイクの度にお手入れが必要になったり、コスメで使用される「のり」で瞼がかぶれたり、腫れてしまう症状が現れる人もいます。整形手術によって二重を形成すると、まず毎日のお手入れが必要なくなります。術後の腫れは生じますが、メイクかぶれは起きなくなり安心して毎日を送れます。美容大国、韓国ではごくごく一般的に整形手術が行われており、就職活動前に行われていたりと印象を良くする手段として気軽に行われています。しかし日本ではまだ整形という行為が一般的に広がっているとはいえず、抵抗を感じる人が多いです。整形のなかでも二重の整形手術は、施術に時間も10分から20分程度でいわゆる「プチ整形」と呼ばれるジャンルに値します。リスクや、合併症も少なく、入退院を必要としないものがほとんどです。自然な二重を作り出すことができ、施術も座って行う医院が多くあり、どのような目元を作りたいのか鏡を見ながら発言することも可能です。正しい知識を身につけて施術を行うことによって、美しい憧れの二重を手に入れることが出来るでしょう。

施術の種類とは

二重整形といっても、さまざまな種類の施術方法があります。値段や、リスクを考えて選ぶことが可能です。まずは、埋没法と呼ばれる施術です。この埋没法は、切開の必要が無いため術後の腫れが少ないといわれています。やはり瞼の切開は怖くて抵抗がある人や、腫れを出来る限り生じさせたくない人にお勧めです。比較的気軽に行えて、短時間で終わることで魅力的ですが、二重のラインはいつかなくなってしまうというデメリットがあります。二重のラインが消える周期は、人によってさまざまですが平均的に3年、長い人では10年間持続できた人もいます。この埋没法では、ラインがすぐに取れてしまいそうな人は瞼の切開手術が必要になります。二重だけでなく、目を更に大きく見せたい人やしっかりとした二重を造りたい人は切開手術が向いているでしょう。前切切開や、部分的に切開を行う方法などさまざまです。埋没法に比べると、キズもあり腫れも長く残ってしまいます。腫れ方は大きく、切開していますので安静期間が必要になります。1週間は大きく腫れてメイクも難しくなりますので、社会人の方は職場の休みが取れるかどうかも懸念しておかなければなりません。ですが、腫れ自体も1ヶ月ほどで落ち着きキズも、目立ちにくくなっていきます。費用は、手術によって異なってきます。まず、埋没法は医院によっても差がありますが約10万円前後で行うことが出来ます。切開手術を行うと20万円前後から30万円ほど費用が生じます。自身にあった二重整形を見つけてみましょう。

腫れぼったいまぶたを解消

注射

二重まぶたにすると眼がパッチリと大きく見えるので、昔から女性に人気があります。女子高生などの間ではアイテープで即席に二重にすることが人気ですが、かぶれなどが生じることがあります。今ではプチ整形によって簡単に二重にできますが、半永久的にしたい場合はミニ切開法という新しい整形手術が適しています。

この記事を読む

目元の進化は続いている

女医

二重の整形は今はメスを使わない埋没法が主流ですが、それは腫れやダウンタイムが少ない、修正が可能と言った特徴があるからです。ただし、埋没法は元に戻りやすいという欠点があります。それを補い、なおかつ自然な仕上がりにするため、各クリニックで糸の結び方や糸の種類を工夫しています。

この記事を読む

理想の目になる方法とは

注射

一重まぶたがコンプレックスになって積極的に生きることができずにいる人は、まぶたを二重にする美容整形手術を受けてみるとよいです。切開法による手術を受ければ、外人のようにクッキリとした二重になることができます。また、メスが嫌な人向けの埋没法という手術方法もあります。

この記事を読む