ドクター

二重整形で理想の目元~パッチリアイメイク~

理想の目になる方法とは

注射

美容外科の手術

目元の形状に関するコンプレックスを持っている人がたくさんいますが、そのコンプレックスが原因で積極的に生きることができなくなってしまっている人がたまにいます。目は、顔を構成しているパーツの中で一番人目を引くパーツです。一番目立つ部位である目にコンプレックスを持っていると、堂々と顔を上げて他人と接することができなくなってしまいます。しかし、他人と目を合わせないような態度を常に取っていると、悪い印象を持たれてしまいます。たかが目のコンプレックスで自分の人生の可能性を狭めてしまうのはとても残念なことですから、美容外科クリニックを受診して、目の美容整形手術を受けるようにした方がよいです。美容外科クリニックでは、様々な方法で目の美容整形手術を行っています。目元のコンプレックスで最もポピュラーなのは、まぶたが一重になっているという悩みです。その悩みを解消するためには、まぶたを二重にする美容整形手術を受けるのが望ましいです。一昔前までは、まぶたをメスで切開して二重のラインを作る美容整形手術が主流になっていましたので、怖くて手術を受けられないという人が結構たくさんいました。しかし、近年になり、まぶたの皮膚を糸で固定して二重のラインを作る方法が編み出されたため、昔に比べるとはるかに気軽に二重整形手術が受けられるようになりました。メスを用いる方法には切開法、メスではなく糸を用いる方法には埋没法という呼び名がつけられていますが、最近では埋没法を利用する人の方が多くなっています。

目のデザイン

一重まぶたを二重にすることさえできれば必ず理想の顔になることができると思い込んでいる人が少なくありませんが、それは大きな間違いです。そもそも、一口に二重まぶたと言っても、二重の幅を広くするのか狭くするのか、皮膚のヒダの深さをどの程度にするのか、目頭部分のヒダの幅を広くするのか狭くするのかなどによって、見た目の印象が大きく変わってきます。ですので、これから美容外科クリニックで目元治療を受けようと考えている人は、自分がどのような目になりたいのかを、具体的にイメージしておくことが大切です。また、頭に思い描いている理想の目の形状をできるだけ正確に医師に伝えなくてはなりませんので、事前のカウンセリングに十分な時間を割いてくれるクリニックを利用するようにした方がよいです。美容外科クリニックの中には、パソコンを使って、術後の顔のシミュレーション画像を見せてくれるようになっているところがあります。そのようなクリニックを利用すれば、手術を受けた後になってから、失敗したと後悔する可能性が低くなります。ちなみに、理想とする目の形状によって、採用すべき手術方法が変わってきますので、そのあたりのことも含めて医師とよく相談してみる必要があります。外人のように幅の広い二重になりたいと希望しているのであれば、切開法による美容整形手術を受ける必要があります。一方、美容整形手術を受けたことが露骨にわかってしまうのは嫌だという人は、埋没法による手術を受けるようにした方がよいです。